ジバンシィ

ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)の2016-17年秋冬ウィメンズコレクションが、フランスパリで発表された

今季は、編むデコレーションする重ねるといった手法をデフォルメしてみせたり、極端に加えたりして、変化をつけながら洋服をみせている

例えば、ノースリーブドレスは、左半分だけ拡大したかのように、生地の交差する姿を映し出しているし、ダッフルコートは前から見るとプレーンだが、後ろはドレス同様に、立体的な網目に支配されている

透明のピラミッド型パーツは、はじめは静かにライダースジャケットやフレアワンピースなどを装飾していたが、徐々に存在感を増し、大きくなってダッフルコートを覆うしまいには、パーツそのものでドレス一着を構成

また、エプロンのように一枚レイヤードすることで生まれる、新たなスタイルも探究されていて、ベルベットドレスは、プリーツ地を添えることで見え方が変化するこの手法は、前だけではなく、ポケット付きのテキスタイルをサイドにあしらったり、MA-1のアーム部分だけをプラスオンしたり…と柔軟に行われているジバンシィ 眼鏡 コピー

実験的なアプローチが繰り返されるが、シルエットはエレガント様々なものが添加されているが、クラシックなラインは保たれている

ジバンシィ コピー 店舗